イラストやデザインが得意なら在宅でも仕事が見つかる!
人気の在宅ワークとしてイラスト、デザインなどがあります。趣味で「絵を描いていた」という方は多いはず。そのような方にはおすすめの仕事です。ただし、「描くことが好き」というレベルでは需要がなく、堂々とアピールできるぐらいの技術がなければならないでしょう。

どういう仕事なのか?

どういう仕事なのか?
イラスト、デザインどちらもクライアントの要望に従って作成し、期日までに納品する仕事です。本の挿絵やキャラクター、ロゴ制作などバリエーションは豊富です。在宅ワークでも企業側との打ち合わせがかなり多いと言われています。最近ではビデオ通話を使うところが増えていますが、まだフェイス・トゥ・フェイスが主流のようです。

また、納品物に対して一発でOKが出ることはあまりなく、修正が入ることが度々です。万が一に備えて納期よりも少し前に完成させる他、最初からクライアントとの認識にズレがないよう、一方的な解釈はせず、しっかりと意思疎通しておくことが重要でしょう。在宅ワーク 口コミはこちらをお読みください。

案件によって必要な能力は様々

案件によって必要な能力は様々
「具体的にどれぐらい描ければ良いのか」ということについては案件によってさまざまです。アシスタントのような作業内容であれば、そこまでの技術は必要としないと言われています。

ただし、いつもアナログで作成していたという方は注意です。最近はデジタルでの作業が当たり前になってきています。パソコンの扱いの他、PhotoshopやIllustratorなどのエディタソフトを使えるよう訓練しておきましょう。特にペンタブは鉛筆とは握った時の太さや滑りなどの感覚が大きく変わるため、早めに慣れないと苦労するかもしれません。

本気でイラストやデザインで食っていこうと考えている人にはオススメ!

本気でイラストやデザインで食っていこうと考えている人にはオススメ!
イラストやデザインは要求されるレベルが高く難しいたくさん部分があります。大切なことは、「画力さえあれば良い」というわけではないことです。納期に間に合わせる、連絡を迅速に行うなどの最低限のビジネスマナーの他、企業のコンセプトに合わせたものを作れる柔軟さも必要となってきます。

画力だけで全てが決まる世界ではないということから、経験者なら誰でも成功する可能性があります。誠実な働きでクライアントと信頼関係を築いて数をこなしているうちに、本質的な実力も付いていくはずです。「絵はトップレベルではなく自信がない」という方でも本気で食べていきたいと考えているなら挽回できるためぜひともおすすめです。

作品を露出させて実績をアピール

作品を露出させて実績をアピール
在宅ワークで仕事を貰うためには、まずは「描ける」ということをクライアントにアピールしなければなりません。そこで手っ取り早い方法が、今まで描いてきたものを紹介するということです。企業側としても一目で画力やテイストが分かるため、交渉の段階で変に時間をかけることがありません。

本格的に在宅ワークとして活動していくなら、紹介するための専用ホームページを作っても良いでしょう。SNSやブログでも十分に効果はあります。反対に、「芸術系の大学を卒業した」という経歴だけでは案件をもらえないかもしれません。このような業界では、「何ができるか」という明確な実績がもっとも大切になります。

インターネット上で人気の在宅ワークでもあるイラストやデザイン。かなりの実力が要求されるため、敷居が高いと感じる方も多いようです。しかし、ある程度のラインまで達していれば、実力よりもビジネスマナーや順応性が要求されるようになります。

「トップ絵師には敵わない」と思っていても仕事では十分に超えられるでしょう。これからそれで食べていきたい方はまずはチャレンジしてみましょう。

関連記事