在宅ワークの収入や税金、確定申告について~扶養から外れないためには?~
主婦の中で在宅ワークを始めようという方はいるはず。その中で「無駄に所得税がかからないようにしたい」と感じる方も多いでしょう。よく「103万円以下ならお得」と言われますが、それは厳密ではありません。損をしないためには、税金に関して正しい知識を持つ必要があるでしょう。在宅ワーク 主婦にオススメのお仕事は?

在宅ワークと会社勤めでは「収入」に違いがある

在宅ワークと会社勤めでは「収入」に違いがある
通常、会社に務めている場合は「給与」という形で収入を得ます。その一方で、在宅ワークは企業に属しているわけではなく、形式が少し変わります。基本的に、クライアントから貰う収入は「報酬」です。つい聞き流してしまいがちな用語ですが、この違いが税金の面で大きな差になります。

「103万円の壁」について

よく聞く「103万円の壁」は会社勤めの場合に所得税が一部免除となる収入の額です。扶養してもらっていても在宅ワークではこれが当てはまらず、「38万」と大幅に減ります。ただし、「家内労働者等の必要経費の特例」でこの金額を上げられるという形になっています。働き方で大きく変わるため、曖昧な理解では大損してしまうでしょう。

このようなややこしい制度になっている理由は、103万の内訳を知ることで分かります。このボーダーはそもそも、給与所得者控除65万と、基礎控除38万を足したものです。会社に努めておらず「報酬」として収入を得ている在宅ワークでは、前者が適用されなくなるため、後者だけの数字が新たな壁となります。

「家内労働者の必要経費の特例」とは?

会社勤めの場合のみ適用されていた給与所得者控除65万は、スーツなど仕事にかかる経費の分だと言われています。扶養してもらっている方の在宅ワークでかかった費用を差し引いてもらうためには、確定申告をより厳密に行う必要があるでしょう。

場合によってはぜひとも活用しておきたいものが「家内労働者の必要経費の特例」です。これは名前のとおり、在宅ワークでも65万を必要経費として差し引ける制度です。確定申告する時に提出書類に補完記入するだけで良いため、手続き自体はそれほど難しくはありません。ただしこれには以下のような条件が必須となります。

内職で「1個あたりいくら」という価格設定で仕事している

「家内労働者、外交員、集金人、電力量計の検針人又は特定の方に対して継続して労務の提供をする方」という形で上記が定められています。この時、請負元が1か所でなく複数でも問題はないようです。

「収入」ー「必要金額」が65万未満

厳密には「事業所得及び雑所得の必要経費と給与所得の収入金額の合計が65万に満たない」という形です。この金額を越える場合、全てもしくは一部が適用されなくなります。

「103万円の壁」撤廃の動き有り・・? 2016/9/5追記

現在、自民党内では「配偶者控除」について見なおす方針があるとの事です。
税金などの関係で103万円以上の収入を目指さない主婦を問題点と考えており、女性の社会進出を考えている自民党としては、そこを改善するのが狙いの様です。

しかし、撤廃といってもただなくなるだけではありません。その代りに導入されると言われているのが「夫婦控除」。

二階幹事長は「専業主婦世帯に大きな負担にならないよう考慮するべきだ」ともコメント。自民党では、以前から夫婦であれば専業主婦でも共働きでも一定額の控除を受けられる「夫婦控除」を設ける案も出ていた。

出典:「配偶者控除」見直しで議論広がる 「103万円の壁」撤廃で本当に女性が働きやすい世の中になるの?

夫婦控除であれば、103万円以上稼いでも一定の控除を受けられるので、共働きの方には良い制度なのかもしれません。今まで、103万円以内で押さえていた仕事を気にせずに働けることになるのですから。

しかし、現状130万円の壁が残っています。
それは、主婦が130万円以上の収入を得た場合、夫の扶養から外れなければいけない制度。社会保険への加入が義務づけられるという事です。新制度になれば、この点も修正されていくとは思うのですが・・・。

まだ決定していない事項も多いので、注意してニュースなどを確認してみると良いと思います。

税金についての知識を付けてできるだけ損をしないようにしよう

税金についての知識を付けてできるだけ損をしないようにしよう
税金に関するルールはかなり複雑です。しかし、何となくでしか理解していないと大きく損してしまうかもしれません。減った税金の分だけ稼ぎが増えたとも考えられます。しっかり確定申告ができるよう、控除額や経費について勉強して知識を身に付けましょう。

書籍や講座サイトなど、さまざまなところから情報を集められるはずです。最近では確定申告をするための有料ソフトウェアが販売されています。数千円もの値段がかかりますが、使い続けていけば十分に元が取れるぐらい有効です。使えるものはどんどん使っていくこともお金のマネジメントを上手くやっていくコツだと言えるでしょう。

扶養中の在宅ワークは会社員よりも税金の面でかなり面倒があります。特に「103万円以下ならお得」という言葉には騙されないように気を付けましょう。正しい税金の知識を身に付けて運用できれば、結果的に収入もアップすることでしょう。

関連記事