海外在住でできる在宅ワークってあるの?海外ならではのお仕事探し
海外に在住しながら在宅ワークで暮らすという方はたくさんいます。物価が安い国なら、多少収入が少なくても意外と快適に過ごせるようです。日本人ならではの仕事もたくさんあるため、ぜひとも狙っていきましょう。

世界中のクラウドソーシングでさまざまな仕事ができる

世界中のクラウドソーシングでさまざまな仕事ができる
近年、クラウドソーシング市場はますます拡大しています。多くの先進国にサービスを提供している会社があり、サイト自体も複数の言語に対応するなどよりたくさんのフリーランサーが働ける環境が整っています。

働ける内容も豊富です。データ入力や文章起こしといった簡単なものから、開発や翻訳、執筆など専門性を要するものまでさまざまです。海外在住で在宅ワークするなら、ぜひともいくつものサービスを活用していきたいところです。ライフスタイルや目標収入など、さまざまな要素が自分にマッチした案件が見つかるでしょう。

パソコン1台あればすぐに在宅ワークを始められる

クラウドソーシングの魅力は大きな準備が必要ないということです。インターネット環境が整ったパソコンが1台あれば、誰でも簡単に働き始められます。

メンタルの面でも気楽です。ただでさえ外で働くということは相応の覚悟が必要となるものです。それが外国語を使わなければならない海外在住の方ならなおさらでしょう。在宅ワークは自宅というリラックスできる環境で作業できるため、国内外問わずマイペースを貫けます。

日本語教師の仕事がうってつけ

日本語教師の仕事がうってつけ
クラウドソーシングでも求人に困ることはありませんが、せっかくなら日本人であることを活かした仕事に付きたいものです。それだけで一種の専門性があるため、普通の事務作業よりも単価が高くなりやすいというメリットがあります。

そこでおすすめが日本語教師です。ビジネスや趣味などさまざまな目的で習得したいと考えている外国人がいます。最近ではインターネット上で授業する通信制のスクールが増えており、教室に行くのではなく在宅ワークとしてできる業務に変わりつつあります。

教師の免許がなくても教えられる!

日本語教師のメリットは、一般的な学校と違って教員免許がなくても教えられるという点です。他にも、特に求められる資格はありません。

ただし、ある程度外国語の知識は必須となるでしょう。単に会話ができるだけでなく、それぞれの言語の文法を把握し、分かりやすく説明できるだけのスキルは必要です。それぐらいのレベルさえ到達していれば、どのような方でも始められるでしょう。

言語を複数操れる強みを仕事につなげよう

言語を複数操れる強みを仕事につなげよう
海外在住の方はぜひともバイリンガルである強みを活かしましょう。国内の在宅ワークと言えばデータ入力や文章起こしといったものが思い浮かぶ方が多いようです。しかし、言語を複数扱えれば上記のような教師以外にも通訳や翻訳など仕事の幅が広がります。これらは供給が少ないために競争率が低く、それに反して報酬が高いため狙い目です。

ただし、報酬を振り込んでもらう銀行が対応しているかは念入りにチェックしましょう。場所によっては日本のものでは使えず、新しく口座を開設しなければならないこともあります。他にもさまざまな手続きが国内と違います。トラブルにならないよう、募集要項や契約書などはよく確認しておきましょう。

海外在住で在宅ワークしている方はたくさんいます。多くの方はインターネット上で求人を探しているようです。これはパソコン1台から始められる作業がほとんどです。特におすすめが日本語を扱えることを活かした仕事、教師や通訳、翻訳などが挙げられます。これらは競争率が低いという特徴があるため、求人に困ることはないでしょう。

関連記事