電話対応が得意な方必見!在宅でコールセンターのスタッフになれる
在宅ワークでメジャーなものがデータ入力や文章起こしです。しかし、ひたすらキーボードを叩き続ける作業が嫌だと感じる方は多いはず。そのような方におすすめの仕事がコールセンターです。実は、NTTなどの大手サービスもアルバイトという形式で人をたくさん募集しているようです。在宅ワーク スマホで可能な作業についてはこちらから。

コールセンターの仕事はどんなもの?メリットとデメリット

コールセンターの仕事はどんなもの?メリットとデメリット
近年では、各種メーカーやサービスのコールセンターをオフィスの正社員ではなく在宅ワークのアルバイターがやっていることがあります。大手では研修やバックアップ大切が整っているため安心です。基本的にマニュアルに沿って対応するだけですので、マナー通りの丁寧な言葉遣いができれば問題ないでしょう。

収入はだいたい時給800円ぐらいから始まる方が多いようです。必要な環境は案件次第ですが、会社によっては専用の電話機をレンタルできることもあり手軽です。ただし、特徴的な仕事だけあって合う合わないがはっきりします。以下のようにメリットとデメリットがあるため、できそうかどうかをしっかり判断してから始めると良いでしょう。

メリット

コールセンターは在宅ワークならではのメリットである時間の融通がかなり利きやすい内容です。自宅の固定電話に無差別にかかってくるわけではなく、働く時にパソコンで会社の業務システムにログインし、その時だけ専用の端末からかかってきます。自分の空いた時間でできるという点はお小遣い稼ぎとして大きな魅力でしょう。

また、在宅ワークでの報酬は基本的に「1件でいくら」という歩合制となっています。最初は時給800円前後という方が多いようですが、対応に慣れて素早くこなせれば1,500円ぐらいまでアップすることもあるようです。いかに業務を効率化させていくか考えることも、この仕事のやりがいの1つとなるでしょう。

デメリット

コールセンターのもっとも大きなデメリットは精神的な負荷です。基本的に業務のほとんどはサポートです。そのため、時にはクレームの処理に追われることもあるはずです。悪質なクレーマーに当たると延々と暴言を浴びせられてメンタルが参ってしまう上に件数が稼げないこともあるようです。

このような負荷のために、長時間業務を行うことは相当大変です。また、業務時間が日中と定められているところが多く、会社員勤めの副業としては適さない部分もあります。他にも、ひたすら電話対応するだけということから大きなビジネスに発展することはありません。あくまでもお小遣い稼ぎ程度の在宅ワークだと言えます。

迅速且つ丁寧な対応を心がける

迅速且つ丁寧な対応を心がける
コールセンターの在宅ワークを行う上で大切なことはまずは丁寧さです。クレーム対応が適当では、さらなるクレーマーが増えてしまうリスクがあります。場合によっては仕事から外されてしまうこともあるでしょう。まずは焦らず1人ずつしっかりこなしていくことを意識しましょう。

その上で、収入をアップさせるためにはどれだけ数をこなせるかが重要です。客との会話時間を短くして稼ぐことは難しいでしょう。そのため、それ以外のところで伸ばしていく必要があります。たとえば、対応後にシステムに内容を記録する部分です。要点をまとめて簡潔に書く文章力や、タイピングスピードを鍛えることで効率化できるでしょう。

近年ではコールセンターの仕事を在宅ワークでできます。大手の求人もたくさんあるため、仕事には困らないでしょう。ただし、クレーマー対応など精神的に負担がかかることが多く、すぐに辞めてしまう方が多いようです。上記のようなメリットとデメリットを踏まえて、できそうかどうかを十分に検討してから募集しましょう。

関連記事